【初心者向け】暗号資産を始めて”資産を作る”4ステップを目的別に紹介

  • URLをコピーしました!

「仮想通貨の始め方」を知りたいです。

全く知識ゼロの僕にもわかるように、教えてください!

本日はこんな質問にお応えします。

暗号資産を始めるのは「なんか難しそうだな〜」と思っている方は多いですよね。

でも、暗号資産の投資は物凄く簡単!

「口座を作る」→「コインの枚数を決める」→「購入ボタンを押す」

たったこれだけです☺️

しかも、暗号資産は「500円」から始められます!

「ビットコインは500万、700万ないと買えないんでしょ?」と勘違いしている方も多いです。

・・・

ここであなたに質問ですが・・

暗号資産を始めるのが目的ではなく、暗号資産で資産を作りたい

これが本当の目的ではないでしょうか?

暗号資産を初めて資産を作りたいけど、具体的にどうすればいいのか?

ここが分からないですよね?

・・・

それならば、大丈夫です。

この記事では、資産を作る方法を目的別に紹介しているので、きっとあなたに最適な取引が見つかるはずです。

m2 web では、暗号資産で資産を作るために、購入したら「ほったらかし」ができる『ガチホ』をお勧めしています。

(ガチホ=長期投資のことです。ガチでホールドするの略)

長期投資の『ガチホ』は買ったら、ほったらかし

5〜10年の長いスパンで値上がりを待って「利益を得る」初心者に優しい投資手法です。

一方で、短期トレードは初心者レベルではかなり難しいです。

確かに、四六時中チャートを気にしたり、分析したり、大変そう。。。

しかも超リスク。

短期投資は資産を増やすどころか、失って大損する危険性すらあるので、初心者は手を出さないことを強くお勧めします。

m2

初心者こそ、長期投資(ガチホ)。リスクを抑えながら、暗号資産で資産を作っていきましょう。

本記事では、知識ゼロの完全初心者の方に、超わかりやすく「暗号資産の始め方」を各ステップで解説しています。

さらに、取引所を選ぶポイントやあなたに最適な取引所を各目的別に紹介しているので、きっとこれだという取引所が見つかるはずです。

この記事の順番通りにクリアしていけば、迷うことなく暗号資産デビューできますよ🙆‍♂️

それでは行ってみましょう。

この記事の内容

【初心者向け】暗号資産の始め方4ステップ

暗号資産を始めるために、以下の4ステップを順番にクリアしていきます☺️

STEP
必要なものを準備する
STEP
口座を作る
STEP
日本円を準備する
STEP
暗号資産を購入する
m2

簡単すぎですね!

それでは順番に解説していきます

必要なものを準備する

準備はとっても簡単です。

  • スマホorパソコン
  • 日本円
  • 銀行の口座
  • 本人確認書類(運転免許証など)

この4つだけです。

運転免許証がない方は、マイナンバーカード・パスポート・運転経歴証明書・住所基本台帳カードなどがあればできますよ。

口座を作る

準備ができたら、口座を作っていきましょう。

暗号資産の口座を作るのは”完全無料”です。

もちろん口座維持費も年間0円なので安心してください。

口座を作る流れは以下の通り🙆‍♂️

  1. アカウント登録
  2. 電話番号の入力
  3. 個人情報を入力
  4. 本人確認
  5. 2段階認証

ほとんどの暗号資産取引所では、上記4つの流れで口座を作っていきます。

最短10分で口座は作れますよ!

日本円を入金する

講座開設が完了したら、日本円を入金していきましょう。

入金方法は、基本以下の3つがあります。

・銀行振り込み

・コンビニ入金

・クイック入金

日本円の入金手数料

コインチェックでは、以下の入金手数料がかかります。

銀行振込(日本円)無料(振り込み手数料はお客様負担です)
コンビニ入金・3万円未満→770円

・3万円以上30万円以下→1080円
クイック入金・3万円未満→770円

・3万円以上50万円以下→1080円

・50万円以上→入金金額×0.11%+495円

仮想通貨を買う

さて、最終ステップに来ました。

ついに暗号資産を買っていきます。

m2

あと1分もあれば終わります✨

コインチェックのアプリを開きます。

購入のボタンをタップします。

①ビットコイン の価格を確認

②入金済みの残高を確認

③購入する金額を入力

④購入のボタンを押す

これだけです。

いかがでしょうか?簡単ですよね🙆‍♂️

まずは、暗号資産投資になれるためにも、少額で買ってみるといいですよ。

コインチェックでは、ビットコインを500円から購入できます✨

暗号資産を選ぶ時に見るべきポイント3つ

さて、ここまで暗号資産を始める4ステップ(準備・講座開設・入金・購入)を見てきました。

コインチェックが良いのは確かですが、

でも正直、どの暗号資産取引所が良いとか、どういう基準で選べば良いか分からないですよね。

そんな暗号資産初心者には、ぜひ取引所を選ぶ際に見て欲しいポイントが3つあります。

アプリの使いやすさ

まず、暗号資産デビューして資産を作っていくには「アプリの使いやすさ」は非常に重要です。

もし、アプリが複雑で操作に難渋するなんてことがあると、結局使いこなせない可能性があります。

その点、コインチェックは非常に使いやすいです。

2022年において、国内暗号資産取引アプリDL数NO.1なのも納得です。

m2

m2は仮想通貨デビューは『コインチェック』でした。現在もメイン口座として使っています。

>>【無料】コインチェックを開く

手数料の安さ

2つ目のポイントとして、手数料が安い取引所を選ばれることをお勧めします。

なぜなら、資産を増やしていくことが目的なのに暗号資産を買うたびに、手数料がマイナスになったらもったいないですよね。

以下、国内5社をビットコイン取引所手数料で比べてみました。

取引所販売手数料
コインチェック無料
ビットフライヤー約定定量×0.01~0.15%(単位BTC)
DMM Bitcoin取り扱いなし
GMOコインMaker:-0.01%
taker:0.05%
bitbankmaker:-0.02~0%
taker:0~0.12%

コインチェックを見ると、ビットコイン取引所手数料は無料です。

最初から無料で取引できるので、投資コストを気にせず安心して使い続けられます🙆‍♂️

セキュリティの高さ

3つ目のポイントは、セキュリティの高さ。

暗号資産を始めるなら、セキュリティの高い国内取引所を選びましょう。

理由はハッキングや不正アクセスによって自身の資産を失うリスクがあるからです。

ご存知の方もいるかと思いますが、2018年1月に国内露地被機序「コインチェック」で暗号資産ネム(NEM)のハッキング流出事件がありました。

しかし、現在のコインチェックは東証一部上場企業マネックスグループの一員。

当時よりも強固なセキュリティ体制となり、アプリダウンロード数国内NO.1にまでなりました。

今では信頼と人気を取り戻し、国内の暗号資産取引所のトップ1を誇っています。

初心者におすすめの暗号資産取引所2つを紹介

暗号資産取引所を選ぶポイントがわかったら、次はそれぞれの取引所の特徴を見ていきましょう。

なかでも、私が実際に使っている取引所2つに絞って紹介していきます。

コインチェック

公式サイトCoinCheck(コインチェック)公式サイト
銘柄数17種類
取引所手数料無料
販売所手数料無料(手数料相当額0.1~5%)

これから暗号資産を始める初心者には「コインチェック」がおすすめ。

✔︎コインチェックがおすすな理由3つ

  • 初心者にも使いやすいスマホアプリ
  • 大手ネット証券マネックスグループの運営でセキュリティ面が優秀
  • 国内最大級の取り扱い通貨数

上記の3つの理由から、暗号資産初心者の方にはコインチェックをおすすめします。

m2

m2も「コインチェック 」で暗号資産デビューしました。現在、スポット買いしたビットコイン6桁を順調にガチホ運用しています。

初めての方でも操作がしやすいスマホアプリのため、ダウンロード数は国内no.1を誇っています。

裁定500円からビットコインを買えるので、試しに買ってみるのも良いと思います。

>>【無料】コインチェックを開く

ビットフライヤー

公式サイトbitFlyer(ビットフライヤー)公式サイト
銘柄数15種類
取引所手数料0.01%~0.15%
販売所手数料無料(購入価格と売却価格の差であるスプレッドをお役様にご負担いただいております。

超小額の1000円くらいから始めたい初心者の方は、ビットフライヤーがおすすめです。

✔︎ビットフライヤーがおすすな理由3つ

  • ビットコイン取引量 国内no.1 *Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における2021年の年間出来高(差し金決済/先物取引を含む)
  • 1円から積立投資ができるため、小額から始めたい方におすすめ
  • ポイント投資ができるので、気軽に始めたい初心者にもおすすめ

上記の理由から、超少額で積み立てたい方には、ビットフライヤーをおすすめします。

1回あたり1円から積み立てができるので、月1000円〜3000円などかなりの少額積み立てが可能。

m2

投資が初めての方でも、少額×ドルコスト平均法でリスクを抑えながら、安定した投資成績を期待できます。

投資が怖いという方は、まずは月1000円分くらいのビットコイン を購入してみると良いと思います✨

>>【無料】ビットフライヤーを開く

【目的別】暗号資産取引所の特徴

ここからは、私が暗号資産デビューした「コインチェック」、その次に開設した「ビットフライヤー」この2つの取引所を比較していきます。

両者それぞれに特徴があり、おすすめの取引所です。

しかし、人によって「どんな方法」「どれくらいの金額で資産を増やしていきたいのか?は変わっていきますよね?

なので、目的別に仕分けして徹底比較していきます。

【目的別まとめ】コインチェック vs ビットフライヤーの比較

コインチェック・ビットフライヤー2つの取引所を目的別の比較表にしてまとめました。

自分はどれに当てはまるかな?と考えながら見てみてください。

<目的別>コインチェックビットフライヤー
初心者に優しい取引所で始めたい!
(国内アプリダウンロード数NO.1)

欲しいのはビットコインだけ!
(取引所手数料0円)

(取引所手数料0.01~0.15%)
月1万円〜コツコツ積み立てたい!
(口座振替 無料&自動)

(口座振替なし、振り込み必要)
更に少額1円〜から積み立てたい!×
(最低月1万円から可能)

(1円から可能)

いかがでしょうか?

コインチェックとビットフライヤーにはそれぞれが特徴がありますね。

とりあえず、サクッとアプリをダウンロードして自分だけの口座を作っちゃいましょう。

>>コインチェックアプリはこちら

>>ビットフライヤーアプリはこちら

まとめ
まずは小さく動いてみよう

いかがでしたでしょうか?

今回は、【初心者向け】暗号資産を初めて資産を作る4ステップを目的別に紹介してきました。

今までは「暗号資産って始めるの大変そう。」と思っていたけど、「意外と暗号資産って始めるの簡単なんだ。」と思った方も多いではないでしょうか?

とりあえず、今日からビットコインを少しずつ買い増ししていこうかな✨

この記事を最後まで読んだあなたは、もう「暗号資産で資産を作る準備」は出来ています🙆‍♂️

あとは、実際に本記事の「暗号資産を始める4ステップ」を順番通りにクリアしていけば、今日から早速暗号通貨デビューできますよ✨

この記事を読んで何も行動しない人は、半年後、1年後…「あ〜あの時、暗号通貨始めれば良かった。」と後悔するはず。

あなたは、本当にこのまま「価値が下がっている日本円」で貯金し続けますか・・・?

まずは、「ステップ①:暗号通過の口座開設に必要なものを準備する」から初めて、まずは1000円〜1万円くらいから買ってみてください。

もっと低い金額で始めたいという方は、コインチェックならわずか「500円」から買えますので、早速登録してみましょう!

>>【無料】コインチェックを開く

>>【無料】ビットフライヤーで暗号通貨を始める

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブロガー | m2 web【経歴】作業療法士(11年目) ▶︎独学でWebマーケを学ぶ ▶︎フィットネス・コンディショニング・暗号資産・クリプト(NFT)について発信中 ●埼玉で家族4人と暮らしてます ●筋トレ・最新情報(暗号資産etc..)が好き ●栃木出身の33歳

この記事の内容