暗号資産を日本円に換金する3つの方法(手数料、税金など)

  • URLをコピーしました!

暗号資産を買ったはいいけど、出金の仕方が分からない。。

税金や手数料ってどのくらいかかってしまうの?

価格の変動が大きい暗号資産。

大きく稼ぐことが出来ても、現金化・出金の方法が分からないという方は多いのではないでしょうか。

せっかく、儲けていても税金を知らないばかりに損をしてしまったら元も子もないですよね。

そこでこの記事では、

  • 暗号資産を日本円に換金する方法
  • 手数料、税金

について分かりやすくご紹介します。

この記事を読めば、損をしないで「暗号資産を日本円に換える換金方法」が分かります。

1,500円分のビットコインをもらう💰✨/

コインチェック
この記事の内容

暗号資産を日本円に換金する3つの方法

暗号資産を日本円に換金する方法は3つあります。

  1. 暗号資産取引所を利用する
  2. ビットコインATMを利用する
  3. 個人と直接取引する

順番に説明していきます。

暗号資産取引所を利用する

最初に紹介するのは「暗号資産取引所で換金する」方法です。

暗号資産を取引所に送付し日本円に換金後、出金申請する流れとなります。

取引所を利用するメリットは、高額の換金やビットコイン以外の暗号資産へ交換も可能な点です。

また取引所を介しての換金であるため、誤送金やハッキングのリスクも今ではかなり低いです。

<<コインチェック公式HPを見てみる

ビットコインATMを利用する

続いて紹介するのは「ビットコインATM」です。

ビットコインATMは現金またはデビットカードを使用してビットコインを購入できます。また、ビットコインを売却した際にその国で使われている法定通貨に換金することが可能です。

残念ですが、海外限定の話で日本ではビットコインATMの導入はされていません。

税制面・ハッキングのリスクなど問題が多くあります。

m2

過去に東京都、大阪府、千葉県、茨城県などに設置されていた時期がありましたが、2018年4月に撤去されています。

しかし、世界を見るとビットコインATMの台数は上昇しており、2020年9月の段階で世界71カ国に設置されていて10000台を超えています。

日本で暗号資産の需要がこのまま伸びていけば、自ずと日本のビットコインATMは設置されてくるでしょう。

個人と直接取引する

最後に「個人での直接取引」です。

相手に暗号資産を送り、直接口座へ現金を振りこんでもらうことで現金化が可能です。

この方法は、取引所を介さないため余計な手数料がかからないことがメリット。

デメリットはあくまでも個人間での取引となるため、信頼できる人間でないと取引できません。

暗号資産を出金する際にかかる手数料/税金

手数料

出金手数料は一部無料の取引所はありますが、基本的には手数料は掛かります。

取引所/販売所の手数料一覧をまとめています。

取引所出金手数料取引所手数料販売所手数料
コインチェック407円無料無料
ビットフライヤー220~770円約定数量 × 0.01 ~ 0.15% (単位: BTC)無料
DMM Bitcoin無料無料無料
GMOコイン無料Maker:-0.01% 
Taker:0.05%
無料
m2

m2が実際に使用しているのは、コインチェックとビットフライヤーです。

特にアプリが使いやすいコインチェックをメインに使ってます。

<<コインチェック公式HPはこちら

税金

仮想通貨の現金化を行うと税金が発生します。発生する税金は換金した利益の金額によって変動します。

現金化した金額と税率の関係は、以下の通り。

195万円以下 :5%(控除額:0円)
195万円超330万円以下: 10%(控除額: 97,500円)
330万円超695万円以下 :20%(控除額: 42万7,500円)
695万円超900万円以下 :23%(控除額: 63万6,000円)
900万円超1,800万円以下 :33%(控除額:153万6,000円)
1,800万円超4,000万円以下 :40%(控除額: 279万6,000円)
4,000万円超 :45%(控除額: 479万6,000円)

あくまで税金がかかるのは利益分のみです。

m2

例)仮想通貨を100万円分購入し、現金化して120万を手にした場合、利益は20万円です。

この場合、税金がかかるのは利益分の20万円のみです。

よくある質問

暗号資産の現金化におすすめの取引所はどこですか?

コインチェック・ビットフライヤーがおすすめです。両者にそれぞれ特徴があり、手数料を抑えることが出来ます。

暗号資産はどうやって換金できますか?

取引所を利用する・ビットコインATMを使う・個人間で取引するといった方法が考えられます。

仮想通貨の現金化には税金がかかりますか?

税金が発生します。雑所得に分類されるため、現金化する金額が大きいほど税率は高くなります。上記の項目で具体的な金額まとめています。

仮想通貨の現金化にはどのくらいの時間がかかりますか?

出金申請をしてから銀行口座に着金するまでには、数時間〜数日かかります。取引所によってスピード感は違います。コインチェック/ビットフライヤーは金額により着金までの時間は変わります。

まとめ

この記事では、「暗号資産の換金/出金方法」について初心者の方にも分かりやすく解説しました。

暗号資産を現金化する際には、取引所を利用するのが現実的な手段になりますね!

取引所では取引手数料や、出金手数料がかかるのが一般的ですが、これらが無料の取引所も存在します。

なるべく手数料を抑え、損せずに換金したいですね。

本日紹介した取引所を活用し、上手に現金化してみましょう。

1,500円分のビットコインをもらう💰✨/

コインチェック
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ブロガー | m2 web【経歴】作業療法士(11年目) ▶︎独学でWebマーケを学ぶ ▶︎フィットネス・コンディショニング・暗号資産・クリプト(NFT)について発信中 ●埼玉で家族4人と暮らしてます ●筋トレ・最新情報(暗号資産etc..)が好き ●栃木出身の33歳

この記事の内容