選手

kang.mj_frameの仕上がりがエグすぎ!?身体の成長率の秘訣に迫る!

nabba Korea(2020 4.16)にて、スポーツモデル プロとなったkang.mj_frame選手

m2は思った、、

「体の仕上がりがエグすぎじゃね。。」

下半身と上半身のプロポーション完璧、バキバキにドライ感のある皮膚感。

この体を作る為のヒント、、韓国語の翻訳しまくって少しばかり得ることができたぞ。。

彼のポージングはちょっと独特ですが、年々の成長率が垣間見える選手。

彼の成長率を経過・年別にまとめました。

(*日本人も負けてられないよ。)

kang.mj_frameのプロフィール

kang.mj_frame

nabba korea sportmodel pro

年齢:29〜30歳(1990年生まれ)

トレ歴9年目

韓国のナバプロです。フィットネススターのプロでもあります。

2020年のNABBA ASIA CHAMPIONSHIPでプロ獲得。

20歳でトレーニング開始し、筋トレ4年目で大学ボディビル選手権大会 バンタム級ー65kgで優勝。

ボディビルから始めたってのがミソですよね。

*最近感じるんですよね。ボディビルの基本ポーズをしっかりとれる選手は体の仕上がり・密度も良くなるって事を。

だから、この記事を見ることが出来たあなたも「ボディビル 基本ポーズ」やろうね。

29歳でNABBA KOREAのPRO獲得。この体への道のりは9年かかっているんですよ。

m2は年齢があるから・・この2分の1(4〜5年間)でこの体を作らなければ🔥

成長記録(身体の成長率)

2013年

トレーニング開始時

58kg

・・・

体重50kg代ですか。。。

衝撃です。。

もやしっこだ。。

言い換えると、誰しもが体を変えることが出来るという事ですね。

遺伝子のレベルは、そこまで考えなくても良いのかもしれません。「俺の限界は俺が決める」ってやつです❗️

遺伝子に逃げるなよ。

2016年

筋トレ開始し、3年目。

3ヶ月減量し、大学ボディビル大会バンタム級−65kgで優勝。

3年でここまでの成長感覚です。

覚えておきましょう。

ちなみに、隣に映るのは彼女であり今では婚約者。

2017年

筋トレ歴4年目。

この年は、ボディビル大会時のコンテスト写真はアップされてはいません。

しかし、一年ごとに肩腕まわり、大腿部の発達が見てとれます。

2018年

ミスター仁川試合で -65kg体重別階級1位とクラシックボディービルディンググランプリ。

この年は、1日2回のウエイトトレーニング、有酸素朝・昼・晩3時間、コンディショニング。。。と死ぬ思いで体を作り上げたといっています。

一日、サツマイモ100gで生活したと。

極地を乗り越えた先に待っているこの体。m2も手に入れたい。

ちなみに2018年でボディビルは卒業したとのこと。

2019年

 

nabba korea asia championship

体重別階級1位とプロ戦2位でスポーツモデルデビュー。

一気にスター選手へと駆け上がりました。

年々の成長率を見ることが出来ます。かっこ良すぎでしょ。。

食事の参考メニュー

減量メニュー

お弁当を1日に5〜6種類摂取しています。

メニューは卵1個、鶏肉200g、野菜類(タマネギ、たけのこ、えのき茸、長ねぎ、青唐辛子、ニラ)

メニューは牛肉125gに胡椒、長ねぎ、青唐辛子和えて、卵55g、サツマイモ50g

サツマイモ50g、シイタケ、ズッキーニ、玉ねぎ、しめじ

紹介したのはどれも減量メニューです。

お米、玄米は摂取せずに、絞っていく感じです。

大会時の体重変化

2018年2月から5月の変化

78kg→68kg

参考体重ですね。

大体の仕上がりのイメージが予想できます。

それにしても、、、体が変わりすぎですよね。

「カッケーー❤️」

2013年から2018年の変化

約5〜6年でこの変貌。

体重は58kg→68kg。

この写真を見れば、大会時の目安になりますし、僕にだって出来ると奮い立たせることが出来ますよね。

まとめ

この体を作る秘訣がこの記事をまとめていて分かった。

「胸の発達は重量は正解だけども、運動リズムと稼働範囲が最も重要」

「足の発達は重量と稼働範囲(フル)が重要。」

「対象筋に乗せる。」

「減量は食事が最も重要。」

「有酸素は一日2時間と、有酸素は必須なこと。」

上記のイメージ。

この内容をこなせれば、kang.mj_frame選手に近づける。

やってやるぞー❗️

宣言❗️今年はしっかりbefore&after撮るぞー🔥