トレーニング

体脂肪のみ減らす最適な有酸素運動は?時間や筋トレとの順番はどうする!?

有酸素。

あなたはどう考えている❓

m2は「必要。」と考えています。(*理由は追って説明しますね。)

『体脂肪のみ減らす』という、誰しもが知りたい内容。。。

このタイトルで今回はお届けします🤗

有酸素運動とは?

そもそも有酸素運動って何、、ちょっと考えてみます。

酸素を必要とした運動(有酸素):ジョギング、ウォーキング、散歩、体操、ヨガ

酸素を必要としない運動(無酸素):筋トレ

かなり大雑把ですが、このように分けました❗️

ちょっと難しい、脂肪の燃える原理ですが、筋肉のエネルギー発生時にこのように反応します。

有酸素系は酸素を消費し、心筋(内臓)や各筋肉にエネルギーを発生させる。

その際に細胞内のミトコンドリアが細胞膜内の脂肪酸を血管外に運ぶ役割を活性化します❤️

・・・

要は無酸素運動と違い、有酸素運動とは

「エネルギー源を脂肪」として活用することができるので、効率が良いということになるのです。

時間や筋トレとの順番は?

有酸素で効率よく脂肪を落としました。筋肉量も多少削られてしまいますが。。。

有酸素運動の時間は「20分〜1時間以内」。

これ以上の時間となってくると、カタボリック(筋肉を分解してエネルギーにする)状態になる感覚。

有酸素運動のタイミング&順番は「起床後トレーニング後の2回」がかなりお勧め。

絶対に、心拍数は「120以下」

上記事項は、コンペティターのプロ選手から教わったものです。

m2自身もこの内容で結果を出しています^^

体脂肪のみを減らす有酸素運動はこれ一択!

体脂肪のみを減らす有酸素運動の最適格はコレ。

「トレッドミル」

傾斜15.0(MAX)

スピード2.0〜2.7

この内容&方法を、フィルモアさんから教わりました。

*この時に音楽やYOUTUBEを見るのが、m2の楽しみでもあります✨

created by Rinker
Johnson Health Tech(ジョンソンヘルステック)
¥176,000
(2020/12/01 23:43:31時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

有酸素運動は必須。(効率よく脂肪を燃やすなら。)

有酸素運動の時間は「20分〜1時間以内」。

有酸素運動のタイミング&順番は「起床後とトレーニング後の2回」。

絶対に、心拍数は「120以下」。

有酸素運動は、他にもメリットが一杯あって、

「体が絞れてくるとマッスルコントロールを意識しやすくなる」

というのも、メリットの一つ。もはや、やらない理由が無いくらいです。

ただ、有酸素運動も慣れてしまうと、

身体の恒常性といって、効果が薄くなってしまうので、変化が必要ですね😈

次回の記事に、他の有酸素運動の方法などをまとめていきますので、乞うご期待❗️

ここまでお読みいただき、有り難う御座います^^