栄養

ボニークで作る鶏ハムが美味すぎて悶絶‼︎トレーニー必需品かも!?

スポーツモデルの選手となり、この商品は絶対買いだなと自信を持ってオススメできるものに出会いました。

個人的に2019年買って良かったものNO.1だった商品でもあるので紹介します❗️

その名は「ボニーク(boniq)」

この商品に出会えたことで、食事からタンパク質を取ることの重要さを知ることが出来ましたし、ほぼプロテインは飲まなくなりました。

コスパ的にどのくらい節約効果があるのだろうと、ざっと計算もしてみると。。。

その額… なんと月に1万程❗️ 節約できています。

*今まで、プロテイン飲みすぎてた。。

「m2が実際に作っている鶏ハムの作り方」「ボニークで使う必須のアイテム」「ボニークの購入先」をまとめました。

ボニークを使うことのメリット&デメリット

正直、メリットだらけなんですが、、

m2が感じるのは、鳥の胸肉など食材から取るタンパク質を取ることが増えたことでプロテインドリンクよりも栄養がしっかりと吸収されていると感じます。

「食事からタンパク質を取る」

ここが重要ですね‼︎

裏話ですが、

プロテイン(粉末)から栄養摂取が続いた場合、筋肉がべちゃとしているような・・・膨らみはあるけども絞った時にカットが出にくい。

大会1ヶ月前からはプロテインを飲まないと選手達からは聞きますが、m2も同じでその通りなのかなと思います。

・・・(話が脱線しました。笑)

デメリットは、、無いんですよね。これが。

ただボニークで作るのが面倒ということぐらい。

m2がいつも作っている鶏ハムの設定温度と時間!

ボニークの設定温度:61°

時間設定:1時間

使用するお肉:鳥の胸肉

この設定温度時間で、めちゃくちゃ美味な鶏ハムを作ることが出来ます^^

一度ボニークのお肉の味を知ってしまうと、某コンビニの鶏ハムには戻ることが出来ません。笑

m2は1週間のお弁当の分と朝ご飯の分をまとめて作っちゃいます。

一度に作る鶏ハムは、2.4kg程です。

↓ こんな感じで、大量に作れるのも嬉しい❗️

*お弁当は次回、レシピ&ミールプレップ(お弁当容器)の記事として紹介しますね。

・・・

ズボラなm2がささっと作れてしまうので、これは手放せないですね。

日課になって半年くらいかな。

ボニークであると便利なアイテムは?

●ジップロック

ジップロックはこちらを使っています。

恥ずかしい話、、m2は料理をほとんどしてこなかったので、ジップロックの存在を知らなかったのです。。

・・・

嫁に教えて貰い、こんな値段でお安く買えるんだな。。と知りました。

無知って怖い。

容器の深さは約20cm。様々な用途で使えますね^^

●アスベル容器

created by Rinker
アスベル
¥1,430
(2020/12/03 13:22:17時点 Amazon調べ-詳細)

アスベルキッチン容器9.8ℓです。

この容量が超重要で、これだけの容量があれば一度で2.4kgほどの鶏胸肉を一度で作ることが出来ます。

鳥の胸肉はコストコで買った鳥胸の皮付き(2.4kg)をよく買うので、この容量がベストチョイス。

ボニーク(BONIQ)の購入先はこちら

created by Rinker
BONIQ
¥21,780
(2020/12/03 13:22:18時点 Amazon調べ-詳細)

こちらが実際に使っているボニークになります。

間違いなくm2の体作りには欠かせないアイテムとなりました。

筋肉を効率よくつけたい場合、重要なのは食材からタンパク質を補給すること❗️

ボニークを使うことで、プロテインパウダーの摂取をなくすことが出来ました。

補足

ボニークの新作が正式に発売開始となりました。(*2020年1月)

「ボニーク プロ」

軽量化、見た目おしゃれになりました。性能は変わらないので、m2は旧型を使い続けますが、壊れたらプロに変更ですね。

ご参考まで^^