ブログ

ポージングコーチ&コンディショニングコーチを分けてみた結果と考察!

NABBA JAPAN 2021.9.23まで残り3ヶ月を切りました。

今年でNABBAに出るのは3回目です。

3回目はコンディショニングコーチの他にポージングコーチをお願いしています。

実際、2人のコーチに出会う事で、かなりモチベーションを貰え、人間的な成長を感じられています。

「誰に出会うか」&「誰に指導を受けるか」がスポーツモデルでは最も重要です。

*なぜ重要なのかは、過去の記事を読んで見てください。

コンディショニングコーチはあの伝説の方

コンディショニングのコーチは前回NABBAに出た時と同じ、フィルモアさんにお願いすることにしました。

前回のNABBA 2020は大会の約1ヶ月半前に食事指導を見てもらいました。

正直、遅すぎました。

そして甘かった。食事に対して完全に舐めてました。

せっかく半年の期間でバルクをつけ、筋肉量を増やしたのに、食事のコントロール不足でかなりの筋肉量を削られてしまいました。

結果、急なカーボカットによるパワー不足と自信の欠如に至ってしまいました。

・・・

2021年の今回はこの様な失敗を絶対にしません。

食事指導を4ヶ月前から、しっかりやっていこう決心し、再びフィルモアさんにお願いすることに決めました。

また、7月の中旬ごろにコンディションを見てもらう予定です。

ポージングコーチの紹介

ポージングコーチをお願いしたのは、長谷川豊心(ゆうしん)さんです。

インスタ載せておきます。

https://www.instagram.com/1996yushin/

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@1996yushin)がシェアした投稿

日本のスポーツモデルの中で、posing(ポージング)はトップレベルです。

個人的には一番とさえ思っています。

同じ出場クラスの選手で、カテゴリー&身長も近しいです。

骨格こそ違いますが、憧れでもある選手。

自分のポージングに華をつけてほしく、パーソナルをお願いしました。

結果は次項で書いてます。

2人のコーチを選んだ結果と考察

フィルモアさん、長谷川豊心さん

2人のコーチを選んでみて、結果としては「両者の考えるスポーツモデル」を同時に学べるという点で利点です。

一人のパーソナルでは、考えが一つ。そのことしか、一辺倒の考えしかできなくなってしまう印象。

各個人、減量の仕方も違うし、感性も違うので合う合わないは必ずあります。

そう言った意味で、両者の答え合わせが出来るのは大きい。

・・・

考察もしていくと、お二人とも人間力が素晴らしい。

スポーツモデルを極めんとする志がビシビシ伝わってきます。

スポーツモデルだけでなく、人間としての成長です。

少しでも二人の様に近づきたいし、超える勢いで努力していく次第です。