栄養

カロリー計算は必須なの?デメリット&メリットや具体的な数値はどう設定すべきか!

カロリー計算はみんなしてる❓

ボディメイクをするにあたり、最低限、食事のカロリー収支は知っておいた方が良い。これは絶対‼︎

(*世界のトッププロ達は、み〜んなカロリー計算してる。)

コンビニなんかでも、食品のカロリー表は見ますよね❗️ 続けていくうちに大体のカロリーは把握できるようになります。要は慣れだ‼︎

カロリー計算は必須なのか?

m2は必須っていうわけではないけど、大体のカロリー収支は把握しておくことは超重要と思っている👌

「まぁ、めんどくさい。」訳だけど、食事を疎かにする人はもったいないよって事。

m2でさえ、大体のPFCバランスは把握はしているつもり。

p=体重の3倍を目安 80kg=240g以上

f= 適当 50g以下

c=結構適当 500g以上

カロリー収支は増量期で3200kcalを目標にしている。

体感でこのくらいの食事をとれば、何キロ絞れて、何キロ増えていくか分かっているから。

タンパク質の量さえ取れていれば、増量期はOKという感じ。

カロリー計算のメリット&デメリット

メリット

カロリー計算表を見なくても、大体のカロリーが予想できる

続けていくうちに、ある程度、食品のカロリーが分かるようになります。

体を作る上で必要な食品をピックアップしておきます。

タンパク源:鳥の胸肉、卵、ヨーグルト、チーズ、牛肉(ヒレ、モモ、レバー、スジ)、豚ヒレ、エビ、帆立

炭水化物:ブロッコリー、米、玄米、パスタ

脂質:アボガド、サーモン

上記の食品は、増量・減量で大変役に立つ食品です。

さらに、この食品のタンパク質・炭水化物・脂質の割合を把握して置くことがポイント。

例えば、タンパク質群。

鳥胸肉300g=タンパク質約75g、脂質0g

鳥胸肉200g=50g

鶏胸肉100g=25g

一個(全卵)50g=タンパク質6g、脂質5.4g

一個(卵白)=タンパク質6g

タンパク源なら、胸肉と卵はベスト。

卵は減量期では卵白のみにすれば、脂質をカットできる。最高のコスパ食品です。

自分の適合食材を探すのも、一つのポイント。

自分の体重が落ちるスピード(カロリー)を数値化できる

きっちりカロリー計算をすると、自分の摂取カロリーと消費カロリーの割合が分かってきます。

m2の場合(31歳、176cm、80kg)

消費カロリー

基礎代謝量(1800kcal)+仕事(200〜300kcal)+筋トレ(150kcal)

約2200kcal

つまり、消費カロリーが2200〜2300kcal程度を把握しておくこと。

増量期:摂取カロリー>消費カロリー

減量期:摂取カロリー<消費カロリー

ベースが分かれば、その基準のカロリー前後で計算していきます。

↓参考となるサイトのリンクを貼っておきます。(自分の消費カロリーのベースを知っておきましょう。)

参考サイト

栄養成分検索

デメリット

一言。

めんどくさい。笑

カロリー計算を舐めたら、プロにはなれないでしょうから。

初心者から上級者まで、一度は計算して増量・減量してみましょう。

自分の筋肉量やライフスタイルで、消費カロリーの目安が分かるはずです。

カロリー計算で必要なアイテム

キッチンスケール 0.1g 高精度センサー デジタルクッキングスケール 最大計量5000g 電子はかり 風袋引き機能 デジタル 電子スケール LCDディスプレイ 計量可能 計量器 オートパワーオフ機能 コンパクト 料理 多用途 単4形乾電池付属
Lefun

計量スケールは必須アイテム。

グラム数のチェックは、減量時にかかせないです。

持っていない方は揃えておいた方が良いでしょう。