サプリメント

グルタミンの摂取量&タイミングまとめ!m2の考えるオススメの飲み方とは!?

みんな大好きグルタミン。

あなたはグルタミンをとっていますか〜??

ということで、先に結論をいいますと、m2は『グルタミンは体作りに必須のサプリメント』と考えています。

理由は追って説明しますが、メリットが山ほどなんですよね。実際に使っているグルタミンも紹介します。

グルタミンとは

グルタミンとは、アミノ酸の一種で非必須アミノ酸の一つです。

*非必須アミノ酸とは、体内で合成できるアミノ酸のこと。

体内で合成出来るなら、グルタミンっていらないじゃんと思うでしょ・・・

ちょっと、考えてみてくだされ。

骨格筋内を占める遊離アミノ酸の6割がグルタミンを占めるといわれ、ハードなトレーニングでは筋中のグルタミンがかなり消費されてしまします。

回復が追いつかなくなると、筋分解をすることでグルタミン濃度を保つことになります。。

これでは本末転倒。

せっかく骨格筋の肥大を求めているのに、筋分解を進めてしまってはトレーニングの意味がありませんよね。

そこで、グルタミンの傾向摂取を行うことで、筋分解を防ぐことになります。

グルタミンの効果

免疫機能向上

小腸の粘膜保護、胃腸粘膜を形作る細胞の合成を促進し、 消化吸収や腸からの病原菌の侵入を防ぐ効果もあります。

筋分解の抑制

骨格筋内のグルタミンが大量に消費されると、筋を分解し、アミノ酸を作ろうとします。

グルタミンを補充することで、筋肉の分解を防ぐことが出来ます。

風邪の予防

m2の一番の目的はコレよ❗️これ❗️

風邪を予防できるのが一番のポイント^^ 強度の高いトレーニング後は、免疫が落ちますよね。

トレーニーが風邪をひきやすいのは骨格筋内のアミノ酸が大量消費され、熱をもつからですね。

熱が出る前のグルタミン^^ 予防につきますよ‼︎

グルタミンを多く含む食事

https://www.nisshin-pharma.com/chie/20170902/引用

 

グルタミンを多く含む食事自体は、卵、乳製品、チーズ、魚介、パスタになります。

ググっても中々見つけることが出来ません。

グルタミン酸とアンモニア→グルタミンが作られるので、「グルタミン酸を多く含む食事を取ることが有効」ということですね。

https://washoku-no-umami.jp/glutamic-acid-food引用

 

この表を参考にしていきましょう。

何故にボディビルダーは「ナッツ類、卵、パスタ、魚、肉」をとっていたかが分かることでしょう。

飲み方&飲み合わせ

飲み方はビルダー飲みといって、スプーンで粉末を直接口に放り込みます。

水で流し込みますが、口の中で混ぜ合わせてから飲むと溶けが良くなる印象です。

味は「ほのかに甘さのある綿飴。」

なので、直接口に入れても何の苦なく、むしろ美味しく飲めます^^

飲み合わせは、ググりましたが気になるものはありません。コーヒーなどと飲んでも良いでしょう。

摂取タイミング

トレーニング後、就寝前、起床時

上記で間違いないかと。

コンディションによってトレ後のみ、就寝時のみなどに分けてよし。どのタイミングでも良いです。

摂取を小刻みに分けてみてください。

グルタミンの摂取量

「グルタミンの摂取量は一回5g。」

少量(2〜3g程度)では小腸の免疫保護のために優先的に利用されてしまうなので、この5gに設定。

寒い日のトレーニング後・風邪を引きそうな予感がする場合は15g。

間違いない設定です。

m2の摂取した間違いないグルタミンサプリメント

MRNの1kg入りのグルタミンがベストですかね。

コスパが優れていますし、味も美味い^^

1日1回5g摂取すると大体200日分使えます。

「1回あたりのコスパは20円」という。。最高ですよね❗️

駄菓子感覚の値段で、ツライ風邪や熱を防ぐことが出来るし、筋肉の分解を防ぐことが出来る最高のディフェンダーですよ。

騙されたと思って、皆さんも飲んでみてね。特に寒い日のトレーニング後や減量期・体調不良時に効果抜群^^