トレーニング

ピストルグリップの特徴あれこれ!持ち手で筋肉の鮮明度を上げる‼︎

ピストルグリップ???

そんなグリップってあるの?

・・・

m2が「友人のスポーツモデル選手に教えてもらったグリップ」で、形がピストルのようだったので、このように名付けました。

筋肉の鮮明度を上げるのにかなり有効だと感じるので、ぜひ学んでみてね。

ピストルグリップの握り方!

ピストルグリップは親指を伸ばす、人差し指を伸ばす。

この画像のようにピストルの形を作るグリップのことです。

中指・薬指・小指の3つで握るグリップ。簡単でしょ^^

ピストルグリップの利点&特徴!

このグリップの最大の利点は「尺骨側の伸展優位の筋肉」を使うことができる点です‼︎

画像を見て、青の筋肉のラインを意識してみて下さい❗️

・・・・

難しいことはさておき、青のライン(骨・筋肉の構造)をイメージ出来れば良し。

尺骨側の伸展優位の筋肉とは?

→主に肘を伸ばす上腕三頭筋、背中に肩甲骨を寄せる筋肉群(菱形筋、脊柱起立筋、僧帽筋)だよ。

ちょっと話が難しくなりましたが、

ピストルグリップは「背中の発達に大きく貢献してくれるグリップ」になります。

ピストルグリップで狙う主な筋肉はこちら!

メイン:菱形筋中部・下部繊維、広背筋、腰方形筋、脊柱起立筋下部

メインのターゲットは「背中の筋肉」って覚えておくとシンプルかも!

ピストルグリップを用いると良い種目とは?

ベントオーバーローイング(バーベル、ダンベル)

チンニング(懸垂)

シーテッドケーブルロウ

ピストルグリップを使った動画の例!

シーテッドローイング

*随時更新予定。お楽しみに^^

グリップのまとめ

実はグリップの仕方で、いろいろな筋肉群の鍛え分けが可能となってきます‼︎

ポイントは多様なグリップの種類を覚えて、狙った筋肉を刺激出来ること。

トレーニングの効率を上げるためにも、常に意識していきたいですね^^

*別記事にm2の考えるグリップをまとめています。

グリップの認識力で狙った筋の鍛え分けが可能に‼︎筋連結で急成長できるかも!マニアックな記事です。 グリップの認識力で狙った筋肉を鍛え分けることが出来ます。 考えるべきなのは、「筋連結」です。 ...